仕事
PR

金融業界に強い転職エージェント・転職サイトのおすすめ比較ランキング|経験者が年収アップを目指せるのはどこ?

マコ
記事内に商品プロモーションを含みます。

金融機関での経験を転職に活かすならどこのエージェントがいい?

転職エージェントを探しているのかどこがいいのかわからない?

本記事では、金融業界に特化した転職エージェントをまとめました。

年収アップが狙えるハイクラス転職エージェント、若手におすすめの転職エージェントなど多様なエージェントを集めたので、ぜひ参考にしてください。

金融業界のおすすめ転職エージェント

「次の転職は金融業界を考えている。やっぱり業界特化のエージェントがいいのかなぁ〜」と感じている方は多いかもしれません。

しかし、希望業界が決まっている方にも特定の業界のエージェントに頼るのはおすすめしません。転職活動を進めると、まだ自分が知らない業界に興味が出てくるかもしれないからです。

金融業界特化の多様な業種と豊富な求人数のエージェントも同時に登録しておきましょう。

本記事では、以下の観点から転職エージェントを選定しました。

求人数

金融業界の対応職種

独自性のある特徴

リクルートエージェント

リクルートエージェントの求人数は業界トップクラス。

全国16カ所に拠点があり、地方勤務を希望する方にも探しやすく、地域金融機関への勤務先を探す方におすすめです。

地方銀行・信用金庫・信用組合などの求人を探す方におすすめ!

ビズリーチ

ビズリーチは高年収を狙う方におすすめの転職エージェントです。

すでに高年収で、さらにキャリアアップを目指すのならビズリーチがおすすめです。

経験と実力がある方は登録しておいて損はありません。

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイクラス・ミドルクラスに強い転職エージェントです。

外資系金融企業の求人もあり、専門領域に特化したキャリアアップを望めます。

dodaX

doda Xは求人方法を自分で選択できます。

スカウトサービス

自分で応募

転職カウンセリング

doda Xキャリアコーチング

上記の4種類のうち「doda Xキャリアコーチング」のみ有料。以外は無料で利用できます。

コトラ

コトラは金融業界をはじめ、コンサル業界などのハイクラス転職に強い転職エージェントです。

一口に金融と言っても、取り扱う職種の幅が広く法人営業からプライベートバンキング、不動産金融など様々です。

自分の歩みたいキャリアが明確になってきた方はコトラがおすすめです。

マイナビ金融エージェント

マイナビ金融エージェントは、大手マイナビが運営する金融特化の転職エージェント。

大手ならではのイベントや対応地域も幅広いのがメリットです。

アンテロープ

アンテロープは金融業界、コンサルタントに特化した転職エージェント。

高収入を目指したい方におすすめです。

ムービンストラテジックキャリア

ムービンストラテジックキャリアは金融業界出身者が、転職活動をサポートする転職エージェント。金融業界経験者から、キャリアの築き方を相談できるから安心です。

ファンド・M&Aに特化しており、コンサル業界への転職実績に定評があります。

MS-Japan

MS-Japanは管理部門と士業に特化した転職エージェント。

金融・コンサル・外資系企業への転職にも強いです。大手銀行・証券会社からフィンテックなど取り扱いは様々。

会計士や税理士などへのキャリアップを目指す方におすすめです。

パソナキャリア

「パソナキャリア」は、ハイクラス層の転職支援に特化した転職エージェント。

特に金融・保険業界の求人が多く、非公開求人もあります。

タイプ別のおすすめ転職エージェントを選定

以下に、キャリアステージや希望職種によって異なる、各タイプ別のおすすめ転職エージェントを紹介します。

  1. 新卒・第二新卒: 彼らはまだキャリアが浅いため、一般的な転職エージェントが適しています。例えば、「リクルートエージェント」や「doda」などがおすすめです。
  2. ミドルクラス: 経験とスキルを持つミドルクラスは、専門性の高い転職エージェントを利用することを検討してみてください。「JACリクルートメント」や「コトラ」などがおすすめです。
  3. ハイクラス・エグゼクティブクラス: 高い経験とスキルを持つエグゼクティブクラスは、特定の業界や職種に特化した転職エージェントを利用することが有効です。「ビズリーチ」や「パソナキャリア」などがおすすめです。
  4. 特定職種を目指す方: 特定の職種を目指す方は、その職種に特化した転職エージェントを利用することが有効です。例えば、法人営業を目指す方は「コトラ」、外資系金融企業を目指す方は「JACリクルートメント」、管理部門や士業を目指す方は「MS-Japan」がおすすめです。

金融業界に強い転職エージェントの選び方

選ぶべき転職エージェントは、あなたの経験、スキル、希望の職種などによって異なります。以下に、金融業界に強い転職エージェントを選ぶ際のポイントをいくつか挙げてみます。

  1. 専門性: 金融業界に特化した転職エージェントは、その業界内での求人情報を豊富に持っています。また、業界の動向やトレンド、求められるスキルセットなども詳しく知っています。
  2. 求人数と質: 多くの求人を扱っているエージェントは、多様な選択肢を提供できます。ただし、求人の数だけでなく、質も重要です。あなたのキャリア目標に合った、質の高い求人が揃っているか確認しましょう。
  3. サポートの内容と質: カウンセラーとの相性や、サポート内容(履歴書・職務経歴書のチェック、面接対策、オファー交渉のサポートなど)も重要な選択基準です。
  4. 評判と口コミ: エージェントの評判や評価、口コミをチェックすることも有用です。他の転職者の体験談から、エージェントの強みや弱みを把握することができます。

これらのポイントを踏まえて、自分のニーズに最も合った転職エージェントを選びましょう。

金融特化の転職エージェントを使うメリット

金融業界に特化した転職エージェントを利用するメリットはいくつかあります。まず、そのエージェントは金融業界に深く精通しており、特定の業界に特化した求人情報を持っています。これにより、より適切な職種や企業を見つけることが可能になります。また、業界の動向やトレンドを理解しているため、キャリアアドバイスが非常に専門的で具体的です。さらに、エージェントは自分のスキルと経験を最大限に生かすための戦略を提供してくれます。これらは、一般的な転職エージェントでは得られないメリットです。

金融特化の転職エージェントを使うデメリット

金融業界専門の転職エージェントを利用するデメリットもいくつかあります。一つは、他の業界の情報が得られないことです。特定の業界に特化したエージェントはその業界の情報に長けていますが、それ以外の業界の情報は十分に提供できないかもしれません。このため、自分が他の業界にも興味を持つ可能性がある場合、情報の偏りが出ることを意識しなければなりません。また、特化型エージェントはその業界内での求人数は多いかもしれませんが、それ以外の業界の求人数は比較的少ない傾向にあります。これは転職の選択肢を狭める可能性があるため、注意が必要です。

金融転職エージェント選びに迷ったらコトラがおすすめ

コトラは金融業界をはじめ、コンサル業界などのハイクラス転職に強い転職エージェントであり、一口に金融と言っても、取り扱う職種の幅が広く法人営業からプライベートバンキング、不動産金融など様々です。自分の歩みたいキャリアが明確になってきた方に特におすすめです。また、コトラは各業界の動向やトレンドを理解した上で、キャリアアドバイスを提供してくれるため、他の業界への興味が出てきた場合でも対応可能です。これらの特徴から、金融転職エージェント選びに迷ったらコトラがおすすめです。

金融業界の転職によくある質問

金融業界に転職するために必要な資格は何ですか?

金融業界に転職するために必要な資格は、あなたが目指す職種や専門分野によります。一般的には、証券外務員やファイナンシャルプランナー(CFP)などの資格が有利とされています。

金融業界にはどのような職種がありますか?

金融業界には様々な職種が存在します。例えば、投資銀行員、証券アナリスト、外為ディーラー、ファイナンシャルプランナー、信用リスク管理者などがあります。

金融業界のキャリアアップはどのようにすればいいですか?

金融業界でのキャリアアップには、専門知識の深化、スキルの向上、ネットワーキングなどが重要です。また、自己啓発を怠らず、業界の動向を常に把握しておくことも大切です。

金融業界の年収はどのくらい?

金融業界での年収は、職種や経験年数、企業の規模などによりますが、一般的には高収入が期待できる業界とされています。経験者では1,000万円を超えることも珍しくありません。

お願い営業しかないと思ったら大間違い!金融は多様な職種で活躍できる可能性あり

金融業界では、営業だけでなく、アナリスト、アクチュアリー、ESG関連、インベストメントバンキング、不動産金融など、多種多様な職種で活躍することが可能です。

特に、金融はITやデータ分析が重要になってきているため、これらの分野に強い人材が求められています。また、金融業界では、グローバルに活動する機会も多く、語学力を活かすこともできます。そのため、自分のスキルや興味に合わせて、様々なキャリアパスを描くことができます。

サイト運営者
マコ
マコ
証券外務員一種・二種・内部管理責任者資格取得者
金融機関に12年勤務。証券外務員一種・二種、内部管理責任者資格の他にAFPやFP2級技能士なども保有。
記事URLをコピーしました