仕事
PR

会社にバレない?コトラはハイクラス転職エージェント|金融業界の求人が評判の理由を口コミから調査

マコ
記事内に商品プロモーションを含みます。

コトラはハイクラス転職に特化したエージェント。特に金融業界の求人が豊富で、銀行・証券会社・保険会社・信用金庫・信用組合で働いている方におすすめです。

金融業界1,600社との取引があるから、あなたにも最適な企業がきっと見つかるはずです。

金融業界の経験が活かせる

マコ
マコ

「金融で転職って言ったら、営業だけでしょ?」と、思ったあなたにおすすめのエージェント!

自己紹介

金融機関で12年の勤務経験あり

転職エージェントを利用してIT業界へ転職

転職後に金融業界で多様な職種があることに気づく・・・

マコ
タップできる目次
  1. コトラ(KOTARA)が選ばれる理由3選
    1. 専門領域に特化で質の高い求人情報を提供
    2. 高収入案件豊富で年収アップが見込める
    3. 業界に詳しいエージェントが市場ニーズを把握した上で提案
  2. コトラの概要まとめ
  3. コトラの口コミ・評判
    1. 金融業界に強いと評判
  4. なぜ?コトラが金融転職に強い理由を調査
    1. 社長は銀行出身!金融業界の内情にも詳しい?
    2. 銀行と保険会社だけじゃない!多様な職種に対応している
    3. 業界のことを知り尽くしたコンサルタントが担当
  5. コトラのメリット・デメリット
    1. メリット①|ハイクラス求人案件が充実
    2. メリット②|大手企業の求人案件多数
    3. メリット③|多様な職種に対応
    4. デメリット①|求人数が少ない
    5. デメリット②|必須要件が厳しい求人もあり
  6. ひょっとするとやばい?転職エージェントはコトラだけ
    1. 大手転職エージェント|まだ志望する業界が決まっていないならコチラ
    2. 金融に強い転職エージェント|金融業界に転職すると決めているならコチラ
  7. コトラに関するよくある質問
    1. 退会は簡単にできる?
    2. メルマガが「しつこいなぁ」と感じたら、配信停止できる?
    3. 登録しても会社にバレない?
  8. 金融業界の転職に必要なものは?
    1. コミュニケーション能力|顧客と会社内で必要
    2. 正確な事務スキル|間違いが許されない業務だから
    3. 向上心|財務・税務・法務・英語などの専門知識が必要
  9. 金融業界でハイクラス転職を目指すならコトラがおすすめ

コトラ(KOTARA)が選ばれる理由3選

  • 専門領域に特化で質の高い求人情報を提供
  • 高収入案件豊富で年収アップが見込める
  • 業界に詳しいエージェントが市場ニーズを把握した上で提案

専門領域に特化で質の高い求人情報を提供

コトラは特定の業界に特化型の転職エージェント。以下のカテゴリーで求人案件が用意されています。

  • 金融・不動産
  • コンサルティング
  • 経営幹部・管理系ビジネス
  • IT・WEB
  • 製造業

「経営幹部・管理系ビジネス」は各企業の企画・財務・人事・監査などの管理部門の職種に絞ったカテゴリーです。

金融業界の求人案件が多数用意されており、職種も豊富。「一般的な転職エージェントでは、数が多過ぎて選びきれない」という方にはコトラがおすすめです。

マコ
マコ

特化型エージェントだから、自分に最適な求人が見つかる!

高収入案件豊富で年収アップが見込める

コトラは高年収の求人案件に特化の転職エージェントです。転職というリスクある行動をとる以上は、現職より年収増加が見込める会社に就職したいところ。

トラでは年収800万円以上の案件も豊富に扱っているため、あなたに最適な高収入の案件が見つかるはずです。

マコ
マコ

今のキャリアを活かして、年収アップを目指す方におすすめ!

業界に詳しいエージェントが市場ニーズを把握した上で提案

コトラでは、金融業界で勤務経験のあるコンサルタントが在籍。せっかく転職エージェントを利用するなら、中身のある話ができる相談がしたいですよね。

マコ
マコ

転職エージェントによっては、業界のことをよく知らない担当者に当たる可能性も・・・

業界を知り尽くしているコンサルタントだからこそ、あなた自身でも気づかないような能力に気づくはず。

金融業界といっても幅広く財務分析や市場分析、監査部門など今の職場では「金融で働くのは向いていないのかも・・・」と思う方に最適な職場が見つかるかもしれません。

コトラの概要まとめ

運営会社株式会社コトラ Kotora Co., Ltd.
対象地域東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・大阪府・福岡県・海外
職種法人営業
M&A(金融)
ESGバンカー
ファンドマネージャー
アクチュアリー
不動産ファイナンス
格付機関など多数
他に経営幹部管理ビジネス、IT・WEB業界の求人もあり
求人数全24,001件
(2024/3/15現在)
利用料金無料
職業紹介優良事業者認定制度 2102007(03)
特徴ハイクラス特化
主に金融・不動産・IT・経営管理系の取扱
特化型転職エージェントのため求人案件の数は比較的少ない

金融業界の経験が活かせる

コトラの口コミ・評判

金融業界に強いと評判

マコ
マコ

コトラは金融転職に強いと評判です。

なぜ?コトラが金融転職に強い理由を調査

コトラが金融業界への転職に強い理由を探ってみました。

社長は銀行出身!金融業界の内情にも詳しい?

コトラ代表取締役社長の大西利佳子氏は、日本長期信用銀行出身者で金融業界の内情にも詳しいようです。

コトラは社員数が75名と少なく(2024年3月1日現在)、まだ成長途上の企業。銀行出身の社長の影響力は強く、金融分野に力を入れているのでしょう。

社長の略歴は次のとおりです。

慶應義塾大学経済学部卒業後、日本長期信用銀行入行。長銀証券に出向しマーケット業務従事後、事業法人担当として、融資、金融商品アレンジ業務 などを担当。新生銀行になってからは、事業法人本部にて営業企画業務に従事。2002年10月株式会社コトラ設立、代表取締役就任。

トラHPより引用

銀行と保険会社だけじゃない!多様な職種に対応している

金融機関の転職と言えば、銀行や保険会社の営業職を連想してしまいがちですが、トラでは様々な職種で取扱いがあります

コトラの公式HPでは「金融/不動産」ジャンルだけでも以下の職種で求人案件があります。

ESG関連(金融)サステナブルファイナンサー、インパクトファイナンサー
ESGアナリスト
ESGバンカー
パブリックセクター(金融)
インベストメントバンキングM&A(金融)
DCM&ECM
カバレッジ
IPO
ストラクチャードファイナンス
流動化・証券化
投資事業プリンシパルインベストメント
PE [プライベートエクイティ]
複合型ファンド
不動産ファンド
ベンチャーキャピタル
投信投資顧問ファンドマネージャー
投信ホールセラー
バイサイドアナリスト
プレゼンター
ファンド管理
投信投資顧問マーケター
不動産金融・不動産関連業務不動産ファイナンス
アクイジション・ソーシング
アセットマネジメント
プロパティマネジメント
不動産鑑定
不動産開発
不動産コンストラクションマネジメント&ファシリティマネジメント
設計・積算・施工管理(建築/不動産)
不動産仲介(売買・賃貸)
土木
その他不動産
リスクマネジメント総合リスク(統合リスク)
クレジットリスク
マーケットリスク
オペレーションリスク
保険ビジネスアクチュアリー
保険バックオフィス(保全・支払事務)
引受(保険)
調査・査定
代理店営業・ホールセラー
その他保険
マーケットビジネスエクイティリサーチセールス&トレーダー
金利債券セールス&トレーダー
デリバティブセールス&トレーダー
リサーチ・アナリスト
金融商品開発
コマーシャルバンキング融資
リレーションシップマネージャー[RM]
トランザクションバンキング
審査・クレジットアナリスト
金融フロント金融法人営業
事業法人営業
プライベートバンキング[PB]業務
リテールセールス
その他銀行・証券系ビジネス信託
融資系・市場系事務(バックオフィス)
引受(証券)
リテール企画
その他サービサー
格付機関
その他(金融)
コトラ公式HPより引用
マコ
マコ

職種の多様さに驚かれた方もいるのではないでしょうか?

多様な職種から選べる

業界のことを知り尽くしたコンサルタントが担当

コトラでは創業当初から金融業界出身のコンサルタントが担当しています。

金融業界向けエージェントとして最大手のポジションを確立できたのは、業界のことを知り尽くしたコンサルタントによる力が大きいでしょう。

公式HPを見ると、以下のような経歴を持ったコンサルタントが相談に乗ってくれます。

  • 都市銀行で法人融資業務経験者
  • 大手生命保険会社でリスク管理業務に従事
  • 大手行で法人融資やタイアップ営業に従事
  • シンクタンクで研究職を経験
  • 大手証券会社で営業、保険会社で代理店営業を経験
  • 大手行でソリューション提案、M&A提案業務を経験
マコ
マコ

輝かしい経歴のコンサルタントばかり!心強いですね。

コトラのメリット・デメリット

コトラのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
デメリット
  • ハイクラス求人案件が充実
  • 大手企業の求人案件多数
  • 多様な職種に対応
  • 求人数が少ない
  • 必須要件が厳しい求人もあり
マコ
マコ

金融業界で年収アップを目指すという方におすすめです。しかし、「まだやりたいことが見つかっていない」という方は、他の転職エージェントの利用も検討した方がいいかもしれません。

メリット①|ハイクラス求人案件が充実

コトラでは、高年収のハイクラス転職案件が充実しています。

転職というリスクのある行動をとる以上、今の職場より年収アップを目指したいという方が大半でしょう。

マコ
マコ

職場環境は入社しないとわかりませんが、年収は事前にわかります。

他の転職エージェントでは、探しづらい高年収案件もコトラならきっと見つかるはず。

メリット②|大手企業の求人案件多数

コトラの求人は大手企業の求人案件が豊富。求人募集を見ると、企業名は伏せられていますが「大手銀行・大手証券会社・外資系大手生命保険」などの案件が見つかります。

コトラの取引企業数は次のとおり。

  • 金融業界1600社
  • コンサルティングファーム400社
  • 事業会社1900社
マコ
マコ

超一流の企業の求人案件が多数!

メリット③|多様な職種に対応

一口に金融業界と言っても、職種は様々。

コトラでは、多様な職種にカテゴリーを分けて、最適な職種を提案してくれます。

マコ
マコ

コトラを利用すれば、思いがけない職種との出会いがあるかもしれません。

公式サイトの口コミを見ると、「希望していた職種とは、異なる職種に惹かれた。」など自分でも想定していなかった職種が見つかるケースもあるようです。

デメリット①|求人数が少ない

コトラは特定の業界に特化した転職エージェント。このため、他の転職エージェントと異なり、対応している求人は限られています

  • 金融
  • 不動産
  • コンサルティング
  • IT
  • 製造業

コトラは、上記の業界に特化。

マコ
マコ

他の業界を希望する方は、他の転職エージェントの利用を検討した方がいいかもしれません。

デメリット②|必須要件が厳しい求人もあり

コトラは、高年収のハイクラス転職に特化。ですから、求人の際の「必須要件」のハードルは少し高めです。必須要件の具体例は次のとおり。

  • 管理部門での就業経験
  • M&A業務の経験
  • 30代半ばまでなどの年齢制限

一般的に高年収の求人になるほど、高いスキルと経験が求められるため応募の際のハードルは高くなる傾向にあります。

しかし、コンサルタントに問い合わせれば未経験可の案件も紹介してくれます。

専門のコンサルタントが徹底サポート!

マコ
マコ

「自分のキャリアでは転職先がないかも・・・」と悩む前に、コンサルタントに相談してみましょう。

ひょっとするとやばい?転職エージェントはコトラだけ

「コトラは優良な転職エージェントだということはわかった。でも、ひょっとしたら金融以外の業種が向いているのかも・・・」と、不安に思う方がいるかもしれません。

基本的に転職エージェントは、複数利用がおすすめです。他のエージェントでは見つからない案件が見つかる可能性もあります。

マコ
マコ

「コトラだけではやばい」とは思いませんが、転職エージェントは複数利用がおすすめ!

大手転職エージェント|まだ志望する業界が決まっていないならコチラ

「ずっと銀行で働いてきたから、次の転職は金融しか無理かも。」と、志望する業界を漠然と金融に絞っている方は、大手の転職エージェントで探すことをおすすめします。

  • リクルートエージェント
  • ビズリーチ
  • doda
  • マイナビエージェント
マコ
マコ

自分の視野を広げるために、幅広い業種を見てみることをおすすめします。

金融に強い転職エージェント|金融業界に転職すると決めているならコチラ

「次に働くのも金融業界がいいなぁ。」と決めている方は、金融業界に強い転職エージェントを併用しましょう。

コトラ以外に金融業界に強いエージェントは次のとおり。

  • マイナビ金融エージェント
  • ヤマトヒューマンキャピタル
  • MS-Japan
マコ
マコ

金融業界でキャリアアップを目指すなら、特化型の転職エージェントを利用しましょう。

コトラに関するよくある質問

退会は簡単にできる?

コトラを退会したい場合は「info@kotora.jp」宛てにメールを送れば簡単に手続完了。

「今は忙しいから転職活動をストップしたいなぁ〜」という方は、登録内容を残して転職活動を休止するという方法もあります。

【コトラ公式HP】情報の提供が不要な方へ

メルマガが「しつこいなぁ」と感じたら、配信停止できる?

メルマガの配信停止も簡単にできます。

メールマガジンの文末に記載されている配信解除のアドレスにアクセスすれば、手続き完了です。

登録しても会社にバレない?

コトラで転職活動をしても、職場にバレる可能性は低いでしょう。公式サイトでは次のように記載されています。

職場やご自宅への連絡の際には、当社の社名を名乗りませんし、郵便物をお送りすることがあった場合にも、当社の社名入りのものは使用いたしません

コトラ公式HPより

金融業界の転職に必要なものは?

「金融業界に転職したいけど、必要な能力や資格ってある?」と思われた方がいるかもしれません。

コトラのようなハイクラス転職の際は、求人要件で業務経験の年数が重視される場合が大半

しかし、資格やスキルはほとんど必要としない業種が多いです。

マコ
マコ

金融業界と言っても幅広いですが、私が思う必要なスキルは以下のとおり。

  • コミュニケーション能力
  • 正確な事務スキル
  • 向上心

金融系の資格では、証券外務員・FP・簿記にはじまり、証券アナリストや中小企業診断士、税理士・公認会計士などが挙げられます。

しかし、コトラのサイトを見ても転職の際に必要とされる求人は、専門的な業務に限られます。

マコ
マコ

公認会計士や税理士を必須とする職種はありますが、他の資格はそれほど評価されないようです・・・

コミュニケーション能力|顧客と会社内で必要

金融業界におけるコミュニケーション能力は、顧客との関係構築や社内での業務に不可欠なスキルです。

マコ
マコ

会社内外でコミュニケーション能力は重視されます。

たとえば、コンサルタント、融資・資産運用の提案では、顧客のニーズを理解し、適切な金融商品やサービスを提案する能力が求められます。

社内での業務に関する申請などを円滑に進めるためにも、コミュニケーション能力は重要です。

正確な事務スキル|間違いが許されない業務だから

金融業界では、取引の詳細を正確に記録し、法規制に準拠した文書を作成するなど、高い事務スキルが求められます。

マコ
マコ

数字を扱う業界なので、間違いが許されません。

万が一、数字の入力相違などがあった場合は、重大な事象につながる場合も。慎重で丁寧

向上心|財務・税務・法務・英語などの専門知識が必要

金融業界での転職では、特定の専門知識が必須となる場合も多いです。財務、税務、法務などの業界特有の知識や、ビジネスレベルの英語能力などです。

マコ
マコ

こうした勉強が苦手という方には、金融業界は向いていないかも・・・

資格試験での勉強が苦にならないと言えるくらいの向上心が必要です。

金融業界でハイクラス転職を目指すならコトラがおすすめ

金融業界でのハイクラス転職を目指す方には、コトラがおすすめです。

金融業界の経験が活かせる

マコ
マコ

「次の会社も金融がいい!」という方に、おすすめの転職エージェント!

サイト運営者
マコ
マコ
証券外務員一種・二種・内部管理責任者資格取得者
金融機関に12年勤務。証券外務員一種・二種、内部管理責任者資格の他にAFPやFP2級技能士なども保有。
記事URLをコピーしました