一種
PR

おすすめダブルライセンス!証券アナリストは証券外務員一種より難しい?

マコ
記事内に商品プロモーションを含みます。
  • 証券外務員と証券アナリストはどっちが難しいの?
  • 名前が似ている資格だけど関連性はあるの?

証券外務員と証券アナリストは名前が似ているため、よく資格を知らない方は混同してしまうかもしれません。

両者の資格をざっくり分けると次のとおり。

  • 証券外務員・・・難易度は低め。金融機関で働くなら必須。
  • 証券アナリスト・・・証券外務員よりも専門的で難易度高め。業務に必須の資格ではない。

証券アナリストはメディアでもよく見かける肩書きのため、知名度が高いものの、業務に必須ではありません。

マコ
マコ

まずは証券外務員の取得をおすすめします。

  • 証券アナリストの方が難易度高い
  • 試験範囲は重複する部分も多く、関連性は高い
  • まずは難易度の低い証券外務員の取得がおすすめ

証券アナリストは証券外務員一種より圧倒的に難関

証券外務員一種と比べると、証券アナリストの方がずっと難しいと言われています。

証券アナリストの資格取得には、より多くの勉強時間が必要であり、合格率も低い傾向があります。

マコ
マコ

金融機関で働く場合は、証券外務員の資格があれば問題ありません。

勉強時間を比較

証券外務員一種の勉強時間は60時間程度と言われています。

初学者が金融商品や金融市場に関する基礎知識や法律などを学ぶためにはこのくらいの時間は必要でしょう。

一方、証券アナリストの資格取得には、より多くの勉強時間が必要です。通常、証券アナリストの勉強時間は200時間程度と言われています。

証券アナリストの試験は、証券外務員よりも専門的な知識やスキルを必要とするため、より長い時間が必要でしょう。

証券アナリストの受験するためには、講座の受講しないといけません。また、試験は1次2次と分かれています。

マコ
マコ

証券アナリストは「難しい+講座の受講も必須」で勉強時間は長くなります。

合格率を比較

証券外務員一種の合格率は例年60〜70%程度です。

一方、証券アナリストの合格率は低く、40〜50%程度です。証券アナリストの試験はより専門的な知識を必要とするため、合格率が低い傾向にあります。

合格率の違いを見ると、証券アナリストの方がはより難しいと言えます。

金融機関で働くなら証券外務員一種まで持っておけば業務に支障なし

金融機関で働く場合は、証券外務員二種の資格が必須です。

基本的には一種までの取得が求められるケースが大半でしょう。

証券アナリストの資格は業務に必須ではありませんが、将来的に専門部署で働きたい場合に有益です。

マコ
マコ

ダブルライセンスはおすすめですが、まずは証券外務員一種の取得に励みましょう。

証券外務員資格があれば働く上で支障ない

証券外務員資格があれば、金融機関での業務には支障はありません。

証券外務員資格は金融機関で投資信託などの販売に必要な資格であり、資格取得者でなければ顧客に金融商品の売買ができません。

マコ
マコ

証券アナリストの資格は専門的で高度な知識が求められますが、業務に必須ではありません。

将来専門部署で働きたいという希望があるならアナリストを目指すのもあり

資金運用部門で働きたいなど将来的に専門部署で働きたいという希望がある場合は、証券アナリストを目指すこともおすすめです。

証券アナリストの資格は、より高度な知識やスキルを求められるため、金融商品の評価や投資戦略の構築など、専門的な業務に従事する機会が増えます。

ただし、証券アナリストの資格は証券外務員よりも専門的で高度な知識が求められるため、証券アナリストを目指す場合は、より多くの勉強時間と労力が必要です。

おすすめのダブルライセンス!証券外務員と証券アナリスト

証券外務員と証券アナリストのダブルライセンスはおすすめです。

証券外務員と証券アナリストは、親和性が高い資格であり、より専門的な金融知識とスキルを身につけることができます。

金融機関でのキャリアや専門部署での働き方の選択肢が広がるでしょう。

マコ
マコ

私も証券アナリスト合格を目指して勉強している最中です。

まずは基礎的な知識を必要とされる証券外務員を先に取得してから、証券アナリストを目指すことをおすすめします。

証券外務員と証券アナリストは関連性の高い資格

証券外務員と証券アナリストは関連性の高い資格です。

マコ
マコ

より知識が深まるダブルライセンスだからおすすめ!

証券アナリストの資格は、より高度な知識やスキルを求められるため、金融商品の評価や投資戦略の構築など、専門的な業務に従事する機会が増えます。

証券外務員の資格を取得した後に証券アナリストの資格を目指すことで、金融業界でのキャリアの幅を広げることができます。

いきなり証券アナリストはおすすめしない!まずは証券外務員から

証券外務員と証券アナリストでは、証券外務員の方が難易度は低く、金融機関で働く場合には必須の資格です。

一方、証券アナリストの資格は専門的で高度な知識が求められますが、業務に必須ではありません。

このため、証券アナリストを目指す場合でも、まずは証券外務員の資格を取得してから取り組むことがおすすめです。

マコ
マコ

知識ゼロの方は、証券外務員を取得してから証券アナリストを目指しましょう。

証券外務員と証券アナリストの共通点

証券外務員と証券アナリストの共通点は以下の通りです。

  • 同じ金融の知識が必要な資格
  • どちらも民間資格

証券外務員と証券アナリストは、金融業界で重要な役割を果たしています。彼らは投資家に対して信頼性の高い情報や助言を提供し、市場の健全な運営に貢献しています。

金融の知識が必要な資格

証券外務員と証券アナリストは、どちらも金融の知識が必要な資格です。

証券外務員は金融商品の売買や投資アドバイスを提供する役割を担い、証券アナリストは企業の研究や分析を行い、投資家に対して投資の意思決定をサポートします。

どちらも民間資格

証券外務員と証券アナリストは、どちらも国家資格ではありません。両方の資格は、金融業界での活動において必要な知識やスキルを証明するために取得される民間資格です。

マコ
マコ

両方とも有益な資格ですが、あくまで民間資格。

証券外務員と証券アナリストの主な違い

受験資格|証券アナリストは講座の受講が必要

証券外務員は年齢、学歴、勤務経験を問わず誰でも受験できます。

対して、証券アナリストは指定の講座を受講しなければ、1次試験を受験できません。

マコ
マコ

指定の講座を受講するための講座費用も必要です。

なお、証券外務員も証券アナリストも合格後に実務者として登録が必要です。

試験制度|証券アナリストは段階式

証券外務員の試験は、一種・二種に分かれています。しかし、いきなり一種からの受験も可能で、会社によっては二種までの取得でも問題ありません。

証券アナリストの試験は、次の流れで受験します。

  • 講座受講→1次試験→講座受講→2次試験→登録
マコ
マコ

加えて、証券アナリストを登録のためには実務経験が3年以上必要です。

試験範囲|証券アナリストはより高度な金融知識が必要

証券アナリストの試験範囲は、より高度な金融知識が必要です。

証券アナリストの試験では、証券市場の仕組みや金融商品の評価方法、企業の財務分析など、より専門的な知識が求められます。

一方、証券外務員の試験範囲は、金融市場の基礎知識や法律など、比較的基礎的な分野となっています。

マコ
マコ

基礎だから簡単!というわけでは無いです。しっかり対策をしましょう!

証券外務員と証券アナリストは全く異なる資格

証券外務員と証券アナリストは全く異なる資格です。

証券外務員は金融機関での業務に必須の資格であり、証券アナリストはより専門的で難易度が高い資格です。証券アナリストの方が勉強時間も長く、合格率も低い傾向にあります。

金融機関で働く場合は証券外務員の資格が必要であり、将来的に専門部署で働きたい場合には証券アナリストの資格を目指すことが有益です。

マコ
マコ

両方の資格を取得することも可能ですが、時間と労力を考慮して適切な選択をしましょう。

サイト運営者
マコ
マコ
証券外務員一種・二種・内部管理責任者資格取得者
金融機関に12年勤務。証券外務員一種・二種、内部管理責任者資格の他にAFPやFP2級技能士なども保有。
記事URLをコピーしました