一種
PR

【誰でも受かる】証券外務員一種・二種は簡単な資格なのか?よく耳にする評判を合格者が検証!

マコ
記事内に商品プロモーションを含みます。
  • 「証券外務員は誰でも受かる」って、先輩に言われたけど本当?
  • 思ったよりも難しい!これ簡単な試験って本当かな?

証券外務員は「誰でも受かる」と言われる試験です。

合格率も高く、必要とされる勉強時間も少ないため、「一夜漬けでも受かる」と言われがち。ですが、当然落ちる可能性もあります。

その理由は、金融機関で働くなら誰でも取得している資格だから。

マコ
マコ

試験の難易度は高いのに、「誰でも受かる」なんて言われてしまいます

  • 証券外務員は落ちることもある試験
  • 十分勉強しないと落ちてしまう
自己紹介

金融機関で12年の勤務経験あり

証券外務員二種・一種に独学合格

一種に落ちた経験あり

マコ

なぜ?「誰でも受かる」って噂は本当?

証券外務員の資格試験は合格率が約70%と比較的高いですが、簡単な試験ではありません。

専門用語や計算問題に慣れる必要があり、適切な勉強方法や時間の確保が重要です。問題の反復演習や上級資格の受講もおすすめです。油断せずに努力しましょう。

「誰でも受かる」という評判に対する反応

マコ
マコ

誰でも受かるはさすがに言い過ぎかもしれません。

誰でも受かると言われる理由を解説

証券外務員の資格試験は合格率が約70%と比較的高いため、「誰でも受かる」と言われることがあります。しかし、実際には簡単な試験ではありません。

理由①|合格率が高いから

証券外務員の資格試験は合格率が約70%と比較的高いですが、合格率が高いからといって試験が簡単だとは言えません。

マコ
マコ

専門用語や計算問題に慣れるための勉強が必要です。

適切な勉強方法や時間の確保が重要であり、問題の反復演習がおすすめです。

合格できる可能性は高いですが、真の実力を身につけるためには努力を惜しまずに取り組むことが求められます。

理由②|いずれ取得しないといけない資格だから

証券外務員の資格は、金融機関で必要な資格です。

金融業界で働くためには、証券外務員の資格を取得する必要があります。

取得しないと業務に支障が出る資格なので、先輩や上司は全員取得しています。

評判と現実のギャップ!勉強が大変な理由を解説

理由①|聞き慣れない専門用語で覚えるのが苦痛だから

証券外務員の試験では、聞き慣れない専門用語を覚える必要があります。これが多くの受験生にとって苦痛となる要因です。

また、用語の意味や使い方を実際の業務に関連付けることで、理解を深めることもできます。

沢山の専門用語を覚えるのは大変かもしれませんが、適切な学習方法を使いながら継続的に取り組むことで、試験に合格することができます。

マコ
マコ

専門用語は何度も反復演習しないと頭に入りません。

理由②|計算問題が難しくてわからないから

証券外務員の試験では、計算問題があります。これが受験生にとって難しい要素となることがあります。

計算問題に対応するためには、適切な勉強方法が必要です。問題集や過去問を使って繰り返し演習し、計算問題に慣れることが重要です。

また、計算問題の解き方や解法を理解するために、解説や解法の学習も行いましょう。

計算問題は理解力と計算力が必要ですが、適切な学習方法を使いながら継続的に取り組むことで、試験に合格することができます。

マコ
マコ

受験者は文系出身の方が多く、計算問題の攻略は後回しになりがち。

受かるため必要な勉強方法を解説

①まずは勉強時間の確保|一種なら60時間は確保したい

一種の場合は、合格するためには60時間程度の勉強時間を確保することが重要です。試験の内容や範囲を把握し、計画的に勉強時間を割り当てましょう。

短期間での集中的な学習も効果的ですが、長期間にわたって継続的に取り組むことも必要です。

  • 二種の勉強時間の目安・・・10時間
  • 一種の勉強時間の目安・・・60時間

勉強時間の確保には、日々のスケジュールの見直しや優先順位の設定が必要です。他の予定や仕事との調整を行い、十分な時間を確保しましょう。

また、効率的な学習のためには集中力を高めることも重要です。適切な休憩や睡眠時間を確保しながら、効果的な学習方法を取り入れましょう。

一種の資格試験は難易度が高いため、60時間以上の勉強時間を確保することをおすすめします。

マコ
マコ

一種は一夜漬けで合格するのはかなり厳しいです。

②問題の反復演習|問題の演習→テキストで覚える

問題の演習を行いながら、テキストで解説を読み込むことが重要です。

問題を解くことで実践的な知識を身につけることができますし、解説を読み込むことで理解を深めることができます。

適切な教材を選び、問題集や過去問を使って繰り返し演習しましょう。問題の種類や難易度を幅広くカバーすることで、幅広い知識を身につけることができます。

また、解説や解法の学習も行い、問題に対する理解を深めることも重要です。

問題の反復演習を通じて、試験に出題される内容に慣れ、正確に解答できるようになりましょう。継続的な学習と演習を通じて、合格への可能性を高めましょう。

  1. 問題の演習
  2. テキストで該当箇所の解説を読み込む
マコ
マコ

上記の繰り返しで暗記に徹するべし!

おすすめテキストはコチラの記事で解説しているので、参考にしてください。

③合格だけで終わらせたくない|上級資格も目指すなら講座の受講も

証券外務員の資格試験に合格した後も、さらなるスキルアップやキャリアの発展を目指すなら、上級資格の取得を検討しましょう。

上級資格を取得することで、より高度な専門知識やスキルを身につけることができます。

上級資格の取得には、専門的な知識が求められるため、講座の受講がおすすめです。

講座では、より深い理解や実践的なスキルを学ぶことができます。また、講座の受講は、他の受験生との交流や情報共有の場となることもあります。

上級資格の取得は、証券外務員としての専門性を高め、キャリアの幅を広げるための一つの道です。合格だけで終わらず、さらなる成長を目指すなら、上級資格の取得を積極的に考えましょう。

マコ
マコ

基礎から勉強すれば後の上級資格の勉強も楽です。

証券外務員は努力すれば誰でも必ず受かる試験!でも油断せずに勉強しよう

合格率が高いからといって、証券外務員の資格試験が簡単だとは言えません。合格率は約70%と比較的高いですが、落ちる人もいるのが現実です。

合格には、専門用語や計算問題に慣れる必要があります。専門用語の覚え方や計算問題の解き方が分からないと、合格するのは難しいかもしれません。

まずは十分な勉強時間を確保しましょう。一種の場合は60時間、二種の場合は10時間程度の勉強時間が必要です。

また、問題の反復演習も重要です。問題を解きながらテキストで解説を読み込むことで、理解が深まります。繰り返し行うことで暗記にもつながります。

さらに、合格だけで終わらせずに上級資格も目指すなら、講座の受講もおすすめです。資格取得後も専門知識を深めることで、より一層のスキルアップが可能です。

ですが、合格率が高いからといって油断せずに勉強を続けることが重要です。

マコ
マコ

「誰でも受かる」と聞いても、油断せずに自分のペースで勉強しましょう。

サイト運営者
マコ
マコ
証券外務員一種・二種・内部管理責任者資格取得者
金融機関に12年勤務。証券外務員一種・二種、内部管理責任者資格の他にAFPやFP2級技能士なども保有。
記事URLをコピーしました